« 黒虎で3戦連続二桁得点(ハマスタ観戦-2010/08/19) | トップページ | ブラッズ&城島のホームランを見逃しええとこなし(ハマスタ観戦-2010/09/14) »

2010年9月10日 (金)

ライトへレフトへ・ピッチャー西村

昨日(9月9日)の阪神対中日戦、すごい試合でしたね。

5時間21分の激闘の末はドロー。


首位陥落かと思われ始めた9回裏ツーアウトの場面、ひーやん(桧山選手)の同点打。スタンド、全国の阪神ファンが大いに沸き上がった瞬間だったことでしょう。自分も「よっしゃぁ!」と大声で叫びました(ご近所の方々、夜遅くにすいませんでした)。

10回裏にはブラッズ(ブラゼル選手)が一塁塁審に暴言を吐き、退場処分となり、野手がいなくなるという事態に陥ってしまいました。

そのため、ピッチャー西村憲が外野の守備につく事態に、しかもライトへレフトへ(ホームラン!←それは、バースやちゅうに)と打者ごとに守備を変更です。また、球児も11回裏で打席に立ち(一瞬3イニング目も投げるのかと思った)、珍しい試合となりました。

対中日戦の残り3試合は、1勝8敗と大きく負け越しているナゴヤドームでの試合ですが、数字に囚われることなく一戦一戦試合をして欲しいものです。

今日ヤクルトに勝って、讀賣が負ければ、優勝マジック点灯だそうです!


人気ブログランキングへ。いつも応援ありがとうございます。
皆様の投票をお待ちしております。

|

« 黒虎で3戦連続二桁得点(ハマスタ観戦-2010/08/19) | トップページ | ブラッズ&城島のホームランを見逃しええとこなし(ハマスタ観戦-2010/09/14) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒虎で3戦連続二桁得点(ハマスタ観戦-2010/08/19) | トップページ | ブラッズ&城島のホームランを見逃しええとこなし(ハマスタ観戦-2010/09/14) »