2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« プリンタ延命 | トップページ | 放送大学通信指導 »

2012年6月 3日 (日)

ほんまもんの甘酒

昨日(6月2日)の放送大学・面接授業「食生活と発酵-発酵食品の魅力」2週目のメインイベントは甘酒の試飲(大学からは許可を得てるとのこと)!先生は、地元商店街で酒屋さんを営み「街の酒博士」と呼ばれている川松正孝先生です。

甘酒といえば、「酒粕で作った嫌な酒の匂いがする甘い飲み物」といったイメージを抱いていた私(恐らく多くの人がそうかも知れませんが)。しかし、ほんまもんの甘酒はそんなんではありません。

ほんまもんの甘酒は「米」と「米麹」だけから作られていて、酒粕やアルコールや砂糖は加えられていないんです。

これを先ずはストレートで飲みます。どぶろくのように白くどろどろしています。とにかく甘い、しかし嫌な甘みではなくすっきりした甘さです。

次に、牛乳で半量に割って飲みます。ストレートの場合、どろどろ感があって飲みにくさがあったんですが、飲みやすく美味しくなりました。

米に含まれるデンプンが米麹に含まれるアミラーゼにより分解されブドウ糖が作られ、さらに麹菌によりビタミンやミネラル、アミノ酸などが作られるそうです。そしてこれが「発酵」です。

甘酒のあの甘さはブドウ糖の甘さだったんですね。甘酒の成分は「点滴」に似ているとのことで、疲労回復などに効き、これからの季節には「夏バテ」予防に効果があるそうです。

ちなみに、「甘酒」は俳句では夏の季語だそうですよ。


発酵の特徴は
1.香り
2.分子が小さくなり消化がよい
3.栄養価が上がる
4.免疫力が上がる
5.飽きない

和食の多くは発酵食品ですよね。醤油、味噌、味醂、酢、納豆、ぬか漬け、鰹節、日本酒、焼酎・・・

早速、入手しました!
120603_102201

120603_102202

120603_102401


« プリンタ延命 | トップページ | 放送大学通信指導 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリンタ延命 | トップページ | 放送大学通信指導 »

天気予報

アフィリエイト

カウンター(visit→pv)

  • 訪問者数(ブログ、ホームページ全体)
  • ページビュー数(本ブログのみ)
無料ブログはココログ

ブログで紹介

  • 探偵!ナイトスクープ