2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 放射線、放射能の単位について(その1) | トップページ | 放射線、放射能の単位について(その3) »

2011年4月14日 (木)

放射線、放射能の単位について(その2)

[2-2]放射能(の強さ)を現す単位

放射線と放射能、放射性物質(その4)」において、放射能とは、
(1)原子核が(自発的に)壊変(崩壊)して、α線、β線、γ線などの放射線を出す性質(能力)のこと。
(2)原子核の1秒当たりの壊変数、すなわち放射能の強さのこと。
と書きました。

ここでは、(2)番目の意味と等しく、1秒当たりに何個の原子核が壊変して放射線を出すかで、ベクレルといいます。表記は[Bq]、別の表し方では、[壊変数/sec(壊変数毎秒)]となります。

水道水や野菜などに含まれていた放射性物質の量は、放射能の強さというわけです。


Bqという単位の他に「キューリー(Ci)」というものがあります。これは、ラジウム226(Ra-226)という放射性物質(RI)1gが持っている放射能に等しい量で、1Ci = 370億ベクレル(3.7*10^10Bq)です。

【Ra-226は天然に存在するRIで半減期は1602年、α壊変してラドン222(Rn-222)に変化し、Rn-222はポロニウム218(Po-218)へと変化していき、最終的に鉛206(Pb-206)に変化し安定します。この変化をウラン系列(4n+2)の放射性壊変系列と呼びます。】

« 放射線、放射能の単位について(その1) | トップページ | 放射線、放射能の単位について(その3) »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 放射線、放射能の単位について(その1) | トップページ | 放射線、放射能の単位について(その3) »

天気予報

アフィリエイト

カウンター(visit→pv)

  • 訪問者数(ブログ、ホームページ全体)
  • ページビュー数(本ブログのみ)
無料ブログはココログ

ブログで紹介

  • 探偵!ナイトスクープ