2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« やっぱりY電機の店員教育はなっていない | トップページ | 電気製品がトラブル続き(その1) »

2010年5月18日 (火)

リムの振れ取りにチャレンジ

 素人は手を出さない方がいいと言われる「(自転車の)リムの振れ取り」。先日、そのリムの振れ取りに初チャレンジしました。

 リムの振れ取りとは、読んで字の如く「自転車のリムが振れるのを取り除くこと」です。リムの振れが大きくなると、リムとブレーキシューが擦れるようになり、走ってられません。

 そこで、リムの振れ取りとなるわけです。通常用いる工具は、片手にすっぽりと収まるほどの小さな丸い「ニップル回し」1つだけです(本格的にする場合は、振れ取り台が必要)。

 小さい工具1つで出来るメンテナンスにも関わらず、素人は手を出さない方がいいと言われるくらい、高度なスキルが必要な作業です。

 その理由は、振れを1mm以下の精度で調整してホイールの回転が真円を描くようにしなければならないからです。それに下手をすると、スポークを切ってしまう恐れもあります。実際にやってみると、確かに難しい・・・。

 今回の振れ取りでは、完全に振れを取り除くことは出来なかったですが、作業前に比べると、リムとブレーキシューが擦れなくなり、ホイールはかなりスムーズに回転するようになりました。ちょっと気持ちがいいものです。

 完全に振れを取り除くには、振れ取り台は必要かなぁ。しかし、安いものでも1万円程度はするし、そんなにしょっちゅう行う作業でもないし、考えてしまいます(-_-)。

人気blogランキングへ。いつも応援ありがとうございます。
皆様の投票をお待ちしております。

« やっぱりY電機の店員教育はなっていない | トップページ | 電気製品がトラブル続き(その1) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりY電機の店員教育はなっていない | トップページ | 電気製品がトラブル続き(その1) »

天気予報

アフィリエイト

カウンター(visit→pv)

  • 訪問者数(ブログ、ホームページ全体)
  • ページビュー数(本ブログのみ)
無料ブログはココログ

ブログで紹介

  • 探偵!ナイトスクープ