2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 中村豊選手第一号ホームランで勝利 | トップページ | 風力発電の出力と発電量(番外編) »

2005年9月 8日 (木)

国土地理院が風力発電所記号を公募

心理歴史学者さんのコメントにも書かれていましたが、国土地理院が風力発電所の地図記号を公募[国土地理院ニュースリリース]、[地図記号のデザインを公募(共同通信)]するそうです。

公募の対象は小中学生で、地図記号の公募は初の試みだそうです。

現在、国土地理院発行の1:25,000の地形図には「発電所・変電所」の記号はあるんですが、風力発電所のはありません。

そのため、風力発電所は下の図のように記されています。

conv0218

東北地方のある場所のウィンドファーム(風車が集中して建設されているところ)の地図に赤で注釈を付けました。風車は、「高塔」を表す記号で記されています。また、「発電所・変電所」の記号は風車ではなく、変電所です。

この地図が来年以降、風車専用の記号になるわけです。地図に風車記号がいっぱい描かれるのも間もなくですね。

しかし、地図記号のような小さなデザインとなれば、考えられるのは限られると思うんですけどね。小中学生の創造力に期待したいと思います。

それにしても、上記のニュース記事に書かれている「発電用風車は約1200基」という数値はどこからきたんでしょうか?

NEDOによれば、2004年度末の基数は924基となっています。いくら増加していると言っても、半年で300基近くも増えるなんて考えられません。


人気blog Rankingへの応援もよろしくお願いいたします。ランクが上がれば、どんどん更新する元気が出てきます。

« 中村豊選手第一号ホームランで勝利 | トップページ | 風力発電の出力と発電量(番外編) »

風力発電」カテゴリの記事

コメント

イメージからすればデフォルメした風車ですけど、発電所っぽさも残そうと思うと結構難しいかもしれませんね。

心理歴史学者さん、コメントありがとうございました。

地図好き、風車好きの自分にとっては、うれしい限りです。

小学生になりすまして応募しようかな・・・って、学校を通しての応募らしいので、無理でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中村豊選手第一号ホームランで勝利 | トップページ | 風力発電の出力と発電量(番外編) »

天気予報

アフィリエイト

カウンター(visit→pv)

  • 訪問者数(ブログ、ホームページ全体)
  • ページビュー数(本ブログのみ)
無料ブログはココログ

ブログで紹介

  • 探偵!ナイトスクープ