2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 麗美のニューCD | トップページ | 阿闍梨餅負ける »

2005年5月31日 (火)

リフレッシュ

今日は、用事があって山口県にやって来ました。少し時間があったので、山口市内を観光しました。

山口市は室町時代に周防の豪族であった大内氏が京都の街並みをまねて整備した街だそうです。そのため、西の小京都とも呼ばれています。

そんな西の小京都で感銘を受けたのが、瑠璃光寺です。特に五重塔は、奈良・興福寺の五重塔とは違う素晴らしさがありました。「美しい」のです。初夏のまぶしい新緑と太陽がその美しさを増していました。

古都に生まれ育ったためでしょうか?私は、静かな神社仏閣をのんびりと散策すると心が癒されます。

conv0149
ザビエル記念聖堂[地図]


conv0150
瑠璃光寺五重塔[地図]

このところ、疲れがたまっていた自分にとって、忘れかけていた自分を取り戻せたような気がしました。どんなに忙しくても、時にはこのような時間を過ごし、心身をリフレッシュさせることが必要ですね。

しかし、また明日からは厳しい現実が待ちかまえています・・・(;.;)


人気blog Ranking人気blogランキングへ(こちらへの投票もお願いします。)

« 麗美のニューCD | トップページ | 阿闍梨餅負ける »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 懐かしいです。瑠璃光寺、今も変わらず
なのですね。

 なぜ大内氏がそんな風に整備したかというと
奥方が京都から来た方で「京都に帰りたい」と
泣き暮らしていて、それを見ていてつらかったから。

 奥さん一人のために町変えてしまうなんて
さすが豪族ですが…そこまで愛されてもやっぱり帰りたいと泣いていたそうです。

 今と違って山口と京都では帰るに帰れない距離。さぞ悲しかったのでしょうね。

 山口、高校時代に好きでよく通ったものです。写真だけでもかなり癒されました。

tokorinさん、コメントありがとうございました。

なるほど、そのような理由があったなんて、驚きです。豪族ってそんなに権力があったわけなんですね。

愛されていても故郷を忘れることも出来ないなんて、涙が出てきそうです。

山口、いい街ですよね。

実は、以前にも一回訪れたことがあったのですが、そのときは大雨で観光どころではなかったもので、何も見てなかったのです。

ラナさん、こんにちは。
瑠璃光寺五重塔、懐かしいです。
山口に住んでいた幼なじみが、案内してくれたのを思い出します。
力強い興福寺の五重塔と比べ、女性らしい美しさがありますね。
また、行きたくなりました。

micho7さん、コメントありがとうございました。

> 瑠璃光寺五重塔、懐かしいです。
> 山口に住んでいた幼なじみが、案内してくれたのを思い出します。
>
やはり行かれていましたか? 古都大好きのmicho7さんなら、きっと行かれていることと思っていました。

>力強い興福寺の五重塔と比べ、女性らしい美しさがありますね。
>
そうそう、そうなんですよね。興福寺のは力強さがあって、瑠璃光寺のは女性らしく、そして周囲の風景に見事に溶け込む美しさがあるんですよね。

また、行きたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麗美のニューCD | トップページ | 阿闍梨餅負ける »

天気予報

アフィリエイト

カウンター(visit→pv)

  • 訪問者数(ブログ、ホームページ全体)
  • ページビュー数(本ブログのみ)
無料ブログはココログ

ブログで紹介

  • 探偵!ナイトスクープ