2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 飛行機のトラブル | トップページ | フナの日々? »

2005年5月 9日 (月)

ウェザーアトラス その8

ウェザーアトラスの機能紹介8回目の今回は、気象用語集の後半と支援資料(天気図FAX)の見方についてです。

おそらく、ほとんど知られていない機能ですが、ウェザーアトラスのツリーメニューで、各項目を右クリックをすると、「この項目を開く」と「解説」というメニューが出ます。

この「解説」を選択することにより、その項目に応じた資料の解説を見ることが出来ます。例えば、天気図FAXではそれぞれの支援資料の見方を見ることが出来るわけです。

conv0136

試しに、FXFE502(12時間および24時間後の500hPa面の高度と渦度、地上天気図の予想図)の解説を見てみると、


【内容】
12時間後および24時間後の500hPa(上空約5,500m)の渦度、地上気圧配置の予想図です。500hPaのトラフ・リッジの変化、地上気圧の変化、降水量を把握します。
1日2回(9,21時)の観測結果を基に作成されます。
1枚の天気図に500hPaと地上の天気図について、それぞれ12,24時間後の予想図(4種類)が示されています。
天気図欄外の「FXFE502 ddhhmmUTC MMM YYYY」はその天気図を作成する基となった観測結果の時刻(初期時刻)を示します。例えば、「FXFE502 090000UTC JUL 2002」の場合、初期時刻は2002年7月09日00時00分(世界協定時)を表します。
また、「VALID ddhh00UTC」は予想時刻を示します。例えば、「VALID 091200UTC」の場合、09日12時00分における予想図を表します。

【見方のポイント】
1.500hPa渦度(上段、左側:12時間後、右側:24時間後の予想図)
等高度線:
5,700mを基準に60mごとに実線、300mごとに太い実線で、低圧部の中心付近にはL、高圧部の中心付近にはHが示されます。

等渦度線:
渦度0の等値線は、実線でそれ以外は40×10-6/secごとに波線で示されるとともに、渦度の極値が数値で示されます。正渦度領域には網掛けが施されています。
正渦度の極大値を結んだ線とトラフはほぼ一致するので、トラフの解析に利用出来ます。また、渦度0線の位置からジェット気流や前線の解析も可能です。

2.地上気圧配置、降水量(上段、左側:12時間後、右側:24時間後の予想図)
等圧線:
1,000hPaを基準に4hPaごとに実線で、20hPaごとに太線で描かれています。間隔が広い場合には、2hPaごとに点線が描かれる場合があります。

高気圧、低気圧:
高気圧はH、低気圧はLで示されています。
地上の低気圧が発達する場合、その低気圧とそれに対応するトラフをに結ぶ線(渦管)が、上空ほど西側に傾いているのが普通です。渦管がほぼ垂直の場合は、地上の低気圧はそれ以上発達しなくなります。

降水量:
予想時刻の前12時間の予想積算降水量が等降水量線で示されます。また、極大値が+印とともに数値で示されます。

(ウェザーアトラス解説より引用)

さらに、渦度やトラフといった専門用語にはリンクが張られており、その用語の説明を見ることが出来るのです。


渦度 「うずど」と読みます。大気の流れる速さが違うと、大気は回転しようとします。この回転しようとする大きさを渦度と呼びます。
例えば、東西方向の大気の流れがあり、その中心線付近で風が最も強い(強風軸)とします。この強風軸の北側では、大気は反時計回りに回転しようとします。一方、南側では、大気は時計回りに回転しようとします。
この反時計回りの回転を「低気圧性循環」や「正渦度」、時計回りの回転を「高気圧性循環」や「負渦度」と呼びます。
つまり、強風軸(ジェット気流)の北側には正渦度、南側には負渦度が生じ、強風軸は渦度0線に対応します。
また、大気が蛇行しているときの、曲率部も速度差(回転)が生じ、同様の渦度が生じます。蛇行部の正渦度領域のことを「トラフ(気圧の谷)」、負渦度領域を「リッジ(気圧の尾根)」と呼びます。
つまり、偏西風が赤道側に垂れ下がった部分が「トラフ」、極側にふくらんだ部分が「リッジ」となるわけです。
(ウェザーアトラス解説より引用)

ここまで来たら、十分に気象予報士試験に対応出来るのではないでしょうか?

こんな隠れた機能をもっと宣伝して、ウェザーアトラスを気象予報士試験教材として販売して欲しかったです。


ウェザーアトラスの機能【目次】
第1回:概要(1月13日)
第2回:警報・注意報が発表されている地域がよく分かる(1月18日)
第3回:雨降りアラーム、警報・注意報アラームを設定しよう(2月24日)
第4回:台風までの距離を測ろう(4月5日)
第5回:地震発生!すかさずウェザーアトラスで確認しよう(4月11日)
第6回:アメダスや雲の動きをアニメーションで表示しよう(4月19日)
第7回:難しい気象用語もこれで安心(5月3日)
第8回:気象予報士試験対策にもなる?支援資料の見方(今回)
第9回:最近発生した地震の震源分布を表示しよう(8月8日)
最終回:ウェザーアトラスをカスタマイズしよう(8月27日)

人気blog Ranking人気blogランキングへ
↑よろしければ、クリックで一票を投じてくださいm(__)m。

« 飛行機のトラブル | トップページ | フナの日々? »

気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛行機のトラブル | トップページ | フナの日々? »

天気予報

アフィリエイト

カウンター(visit→pv)

  • 訪問者数(ブログ、ホームページ全体)
  • ページビュー数(本ブログのみ)
無料ブログはココログ

ブログで紹介

  • 探偵!ナイトスクープ