2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« ENEX2005 | トップページ | ラナに伴侶が!? »

2005年2月12日 (土)

ENEX2005報告

昨日ここで書いた「ENEX2005」に行ってきました。休日ということもあり、会場は一般の方も多く訪れていました。

以前にもここで地球温暖化を防止するために最も簡単に出来ることは「省エネ」と書きましたが、様々な省エネ機器、技術が紹介されていて、とても勉強になりました。

そんな中で、一般の家庭に導入する省エネ機器の内、私が個人的に最も効果が大きいと感じたのが、電力会社が推し薦めている「エコキュート」と呼ばれる給湯システムです。

エコキュートとは、空気の熱でお湯を沸かすものです。空気の熱で?どういう意味?と思われるかも知れません。

簡単に言えば、空気を圧縮すれば、ものが暖まる原理を使っているのです。気象でいう断熱圧縮と同じです(空気塊が下降して気圧が高くなれば、気温が上がるというやつ)。

エコキュートではこの圧縮する空気に二酸化炭素を使います。二酸化炭素を使うことにより、簡単に温度を90℃まで上げることが出来るそうです。二酸化炭素と言えば、地球温暖化の元凶として嫌われていますが、エアコンや冷蔵庫の圧縮媒体(代替フロン)に比べて、地球温暖化寄与度は低いのです。

では、どのくらい省エネかというと、与えたエネルギーの3倍のエネルギーとなって温水を作ることが出来、これまでの給湯器の30%のエネルギーを削減出来るそうです。

お湯は暖房と違って、季節を問わず年間を通じて使用するものです(真夏でも水風呂に入る人はほとんどいないですよね)。しかも、家庭で使うエネルギーの3分の1は給湯用エネルギーと言われています。

だからこそ、その導入効果が大きいのです。

ただ、既存の給湯器をわざわざエコキュートにするのは経済的にも大変ですし、屋外に設置するヒートポンプユニットや貯湯タンクユニットを設置する場所を確保するのが大変と言われています。

なので、新築やリフォーム時に導入を検討するのが適しているかと思います。


あっ、別に私は電力会社の回し者でもエコキュートメーカーの回し者でもありません。

展示品を見たり、担当者から説明を聞くのに一所懸命だったため、会場内の写真を撮りそびれてしまいました。下の写真は会場の外に展示されていた次世代自動車(どんなものか説明を見るのも忘れた)です。

conv0047

« ENEX2005 | トップページ | ラナに伴侶が!? »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

わぁ~二酸化炭素の断熱圧縮で
そんなに省エネできるんですかー!
どうゆう原理で削減できるのか、
ょくわからなぃですけど不思議ですね(^.^)
でもこうゆうのが簡単にどのぉ家でも
できるょぅになって、日本の全部の
ぉ家でできれば、すごぃ省エネできますょね☆

それにしても…
次世代自動車はタイヤが前に二つあるんですか??

ゆうき☆さん、こんにちは。

> どうゆう原理で削減できるのか、
> ょくわからなぃですけど不思議ですね(^.^)
>
以前の電気温水器なら、電気ヒーターで水を沸かして(大きな電気ポットのようなモノ)いました。

しかし、エコキュートでは、主に二酸化炭素を圧縮するときに電気を使います。

電気で直接モノを暖めるのは、すごくエネルギーを使うのです。

例えば、電気ストーブなんてすごい電気を使うのに、暖かいのはストーブの前だけですよね。

また、電気ポットもすごく電気を使いますよね。


ちょうど明日2/16が京都議定書の発効日です。

日本が削減目標を達成するのは多分無理?かも知れませんが、出来る限り削減目標に近付く努力は必要でしょうね。

そのためにも、モノを買い換えるときには、エコキュートのような省エネルギー機器を導入した方がよいでしょう。

あっ、もちろん普段の省エネの心がけが一番ですけど。

次世代自動車については、どんなモノなのかちょっと調べてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ENEX2005 | トップページ | ラナに伴侶が!? »

天気予報

アフィリエイト

カウンター(visit→pv)

  • 訪問者数(ブログ、ホームページ全体)
  • ページビュー数(本ブログのみ)
無料ブログはココログ

ブログで紹介

  • 探偵!ナイトスクープ